2019年06月28日

琵琶湖疏水特別講演「明治維新による京都の危機,それを救った徳川/薩長の琵琶湖疏水建設」の開催について

 琵琶湖疏水は,明治23年4月の竣工以来,豊かな水の恵みで京都市民のくらしを守り,

まちの産業や文化を支えてきました。上下水道局では,琵琶湖疏水の魅力の向上と発信に

取り組んでおり,琵琶湖疏水記念館でも,計画や建設に関する資料の展示などを行っています。

 この度,琵琶湖疏水の建設に重要な役割を果たした北垣国道と田邉朔郎の御子孫である

田邉康雄氏に講演いただく琵琶湖疏水特別講演「明治維新による京都の危機,

それを救った徳川/薩長の琵琶湖疏水建設」を開催しますので,お知らせします。

 京都の復興を支え,まちの近代化に寄与した琵琶湖疏水の建設について,

田邉家のみが知る一面を交えつつ語っていただく貴重な機会ですので,ぜひ御参加ください。

 

1 開催日時

  7月27日(土),7月28日(日)に各1回(各回内容は同じ)

  午後2時~午後4時

2 開催場所

  琵琶湖疏水記念館 2階AVホール(京都市左京区南禅寺草川町17)

3 定員等

  40名 ※事前申込要,先着順

  6月28日から電話,FAX又はメールにて,上下水道局総務部総務課広報企画担当まで

 参加者全員の氏名,電話番号及び参加日を御連絡いただき,お申し込みください。

 TEL:075-672-7810 FAX:075-682-2711 E-mail:s.koho@suido.city.kyoto.lg.jp

4 参加料

  無料

5 講 師

  有限会社 田辺コンサルタント・グループ 

  代表取締役 田邉康雄氏

6 講演内容

  琵琶湖疏水の建設という一大プロジェクトにおいて重要な役割を果たした

北垣国道と田邉朔郎について,「プロジェクトリーダー」,「プロジェクトエンジニア」としての

視点から語っていただきます。また,琵琶湖疏水のトンネルなどに掲げられた扁額や

明治維新の社会情勢や人間関係などにも触れながら講演いただきます。

 

7 講師の御紹介

  田邉 康雄(たなべ やすお)氏

  有限会社 田辺コンサルタント・グループ 代表取締役

 

  第3代京都府知事の北垣国道を曾祖父に,琵琶湖疏水建設において

 主任技師を務めた田邉朔郎を祖父に持つ。

  京都大学大学院工学研究科燃料化学専攻修士課程を修了後,

 三菱化成工業㈱(現・三菱ケミカル㈱)に入社され,化学分野のプラントの設計・建設に係る

 プロジェクトエンジニア,プロジェクトマネージャーとして活躍される。

  退職後は,コンサルタントとして独立し,多くの企業に対して,安全やISOをはじめ,

 技術者の能力向上教育を行われている。

 

 (著書)

 「生涯現役エンジニア―実例にみるその必要性と提案」

 「ISO 31000活用マニアル」

 「びわ湖疏水にまつわるある一族のはなし」

 「全員参加のISOマネジメントシステム」

 「ISO安全・品質・環境早わかり」   他多数