2019年06月11日

びわ湖の恵みに感謝!「びわ湖の日」特別展示について

 京都市上下水道局では,市民の皆さまに貴重な水道水源である琵琶湖への

理解を深めていただく機会を創出するため,7月1日の「びわ湖の日」関連事業として,

琵琶湖疏水記念館において,琵琶湖に関する特別展示を開催しますので,お知らせします。

 

1 展示期間

  令和元年7月2日(火)~7月31日(水)

  午前9時~午後5時(入館は午後4時半まで)

  ※ 休館日(月曜日,月曜日が祝日・休日の場合は翌平日)を除く。 

2 展示場所

  琵琶湖疏水記念館(京都市左京区南禅寺草川町17)

  2階ギャラリースペース

3 入館料

  無料

4 展示内容

  琵琶湖の保全に係る取組などを紹介するパネルの展示及びリーフレットの配架

  「びわ湖の日」の啓発ポスター及びのぼり旗の掲出

  琵琶湖と京都市の関わりを紹介するパネルの展示 など

5 協力

  滋賀県琵琶湖環境部環境政策課

 

(参考)

 滋賀県は,1980年(昭和55年)7月1日,全国に先駆けて,

琵琶湖の富栄養化の原因となる窒素,りんの排出規制等を定めた

「滋賀県琵琶湖の富栄養化の防止に関する条例」(琵琶湖条例)を施行。

その翌年,琵琶湖条例の施行1周年を記念して,7月1日を「びわ湖の日」

と決定しました。

 滋賀県では,「びわ湖の日」をはじめ,一年を通じて琵琶湖を守り,

美しい琵琶湖を引き継ぐための活動が各地で行われているほか,

びわ湖の日(7月1日)から山の日(8月11日)までは「この夏!びわ活!」をテーマに

様々な企画が展開されています。