展示・資料

1階

第1展示室

琵琶湖疏水の計画と建設

第1展示室では、第1琵琶湖疏水の計画と建設の過程を示す資料を展示しています。その中でも疏水建設の中心となった北垣国道、測量技師の島田道生、土木技師の田邉朔郎に関わる資料、田村宗立や河田小龍の絵画などを展示しています。

B1階

第2展示室

琵琶湖疏水が果たした役割

第2展示室では、電気事業、運河事業、水力事業など、琵琶湖疏水が果たした様々な役割を展示しています。

第3展示室

京都市水道事業の展開

第3展示室では、現在の京都の基盤を形成した京都市三大事業や、水道事業について展示しています。

2階

2階廊下には、現在の琵琶湖疏水の写真や、琵琶湖疏水についての記念碑、トンネルの出入口に掲げられた扁額等の写真を展示しています。

屋外(1階及びB1階)

1階屋外には、御所水道45°鉄管、B1階屋外には、琵琶湖疏水を活用した水力発電に使われたペルトン式水車とスタンレー式発電機等を展示しています。

資料閲覧・借用申請について

琵琶湖疏水記念館では、所蔵資料の閲覧を受け付けています。また、一部資料については、画像データ等の貸出も行っています(※要事前申請)。
ご希望の方は、下記お問い合わせ先までご連絡ください。

お問い合わせ先 : 京都市上下水道局総務部総務課 広報担当

TEL 075-672-7810 FAX 075-682-2711

お問い合わせ

刊行物など

  • 琵琶湖疏水の100年

    平成2(1990)年の琵琶湖疏水竣工100周年を記念し、同年に発行した3分冊構成の書籍で、疏水をめぐる京都のあゆみを記しています。

    定価:37,746円(税込)

  • 京都市水道百年史 資料編・叙述編

    平成24(2012)年の京都都市水道創設100周年を記念し刊行した書籍で、各時代を象徴する資料や写真を幅広く採録、今につながる100年のあゆみを具体的に御覧いただけます。

    定価:4,320円(資料編)(税込)

    定価:2,160円(叙述編)(税込)

  • 常設展示図録

    常設展示の解説をした図録です。展示とともに、本図録を御覧いただきながら、歴史を振り返り、琵琶湖疏水への理解をより深めていただけます。

    定価:500円(税込)

  • 京のかがやき 疏水物語

    京都市の水道水を、災害用備蓄飲料水として缶詰にしました。 製造後、常温未開封で10年間保存が可能です。

    定価:100円(1本)(税込)